外国のトイレ

日本の公共のトイレは無料なのでそれが当たり前になっているけど、外国ではしばし優良なことがあります。
とある国のとあるトイレは、一回60」円を、駅の改札口みたいなのがあってそこに入れるか、カードで払うんだけど、
その60円はその建物内のお店で使える何かに買えてくれるんですって。
レシート、、かな。
これ、いいサービスですよね。
他でトイレにいきたくなってそこが50円だったとしても、
「あっちのトイレに行こう「
ってなります(ならない?)。
そのほうが、買い物で使えるばうちゃーになる、、、だったらこっちに行くな。

うまやり方です。わあつぃはそう思います。

こういうのならいいけど、たん案るトイレでお金がどんどんとられていくことに日本人は慣れていないので、
えーー、トイレで60円ーー?、、みたいな。
気持ちは分かるけど、でも、トイレに行きたくなったらいくしかないですよね。
下痢とかなら家に帰ったほうがいい、、たまったものじゃないよね、10回なんていくようになったら。

ということで、外国のトイレは有料のこともあるけど、活用方法によっては損はない、ってことになります。

このブログ記事について

このページは、よしもりが2020年8月 1日 21:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「写真から居場所がわかる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。