くまのプーさん

イギリスの作家が書いたくまのプーさんですが、実はどんなお話しなのかは知りません。
この作品の誕生秘話みたいな映画を見たので「そういうお話しなんだ」って少し分かっただけですが、
くまのぬいぐるみを持った男の子がでてくるんですね?

その男の子にはモデルがいて、作者の息子さんだったらしく、
作品が有名になればなるほど息子は迷惑、、、って感じのストーリーでした。

自分がモデルに歯なったかもだけど、あくまでも空想の世界だし、
ここは夫婦仲もいいとはいえず、でも奥さんは旦那さんが有名になることを望んでいたしで、
勝手なことばあkりしてた、、というイメージになってます。

じっさいにはどうだったのか分からないですけど、実話をもとにできているしで、
うーん、、なママでした。
でも息子はママが好きなんですよね。
ただ、乳母に育てられています。

なんだか見た目も女の子っぽかったり、身体が弱かったせいか
戦争にも行けなかったのに、お父さんが戦争に行けるようにとりはからった、、、
なんとまぁ、、、。

なんとか生きて戻ってくるのですが、あまりお父さんの書いたこのお話は好きではなかったのに、
戦争中この物語の歌を皆で謳って励ました、、、ってのがあったらしく、
お父さんを少し尊敬しだすんです。
そういう漢字のストーリーでした。

くまのプーさん、、、読みたくなったかも??

このブログ記事について

このページは、よしもりが2018年11月 1日 17:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「約束は守らないと」です。

次のブログ記事は「髪の毛が多い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。