古いノート

実家に帰ったときに、片親になったうちの親が何気にとりだしたノートがありまして。
それはもう片方が亡くなる前に使っていたようなものでした。
ノートの表紙にはタイトルが書かれていますが、中身は真っ白。

なにか各つもりがそのままになったんですねー。

もう亡くなって何ねんも経つし、そんなノートを持っていてもしょうがないのでくれまして。
もらっても「どうしよう・・・」でしたが、有難くメモ代わりの紙として使わせてもらっています。

そのノートも残り少なくなってきたのですが、捨ててしまうのはなんとなくやはり悲しい。
なんたって表紙に手書きで書かれたものがあるのだ。

ということで、これもしばらく捨てられずに残すことになるのだなー。
中身はすっかりなくなったのに、ね。

他人からしたら単なるゴミかもですが、私にとっては大事なものです。
少なくとも捨てられない、、、まだ。
ほとぼり(なんの??)が覚めたら、気持ちが落ち着いたら捨てる事が出来るのだと思う。
そんなものが家にあったっていいでしょ?

自分の子供もきっとそう思ってくれるに違いないのだ。
また、そうなってくれることを願う。
悲しいじゃないかー、死んだからってなにもかも処分じゃ。ねーー??

このブログ記事について

このページは、よしもりが2018年6月12日 16:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「恐怖でしかない」です。

次のブログ記事は「離婚同居」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。