空母の様子

大きな船、といっては失礼だけど、空母が港に着くと、
なぜかセーラー・マンたちが船のまわりに同じ感覚で立っていることが多い。
あれって練習するのかな。
見事に同じ感覚だよね。

ここでまったく違う話をおもいだした、許して欲しい。
急に思い出したのは、映画「トラ・トラ・トラ」。
英語の字幕がついてました。
今は亡きマコさんもいて、なんていうかいい映画なんだよなー。

ちゃんと「トラ・トラ・トラ」って言ってたし、真実により近い話にちゃんとなっていたように思う。
日本だけが悪いんじゃないのだ。
真珠湾攻撃はいろいろな偶然が重なっていたのだよ。

黒沢監督の映画ですね。
この黒沢監督と出演者の間でそれはいろいろあった、という、いわくつきの映画です。
もし詳しく知りたい人はいろいろと検索してみてください。
なにかと出てきます。

そんな船とか飛行機とかの話題が結構好きなのです(笑)。

ただ、どうして空母のまわりに人が等間隔で立つのか、
ここは未だに分からない。

このブログ記事について

このページは、よしもりが2018年1月 1日 22:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オーディション」です。

次のブログ記事は「忠実だったらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。