警官の行き過ぎた行為?

黒人少年が白人警官に射殺されるという事件があったのを知ってますか?

米中西部ミズーリファーガソンというところで今年の8月に歩道を歩くように注意された黒人少年と白人警官が口論になって白人警官が丸腰の少年になんと少なくても6発発砲したという事件。

地元警察では少年が警官を殴って銃を奪おうとしたためにと主張していたんだよね。

結局この事件、警察官は不起訴処分になったんだそうです。

実際にその場を見ていたわけじゃないからなんともいえないけどもしも本当に銃を奪われそうだったとしてもそんなに発砲しなきゃいけなかったのか?

どうして不起訴になってしまうのか...不思議です。看護師をしている私はまだ一度も銃で撃たれた傷の処置を目の前にしたことはないけどそんなに撃たれていたらすごいでしょうね...。

亡くなった少年のご冥福を改めてお祈りさせていただきます。

このブログ記事について

このページは、よしもりが2014年11月26日 20:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「製薬会社勤務だからこそ...」です。

次のブログ記事は「正月が終わって日常生活へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。